世界史エピソード集

本で読んだりしたエピソードを気軽にメモっていく、私自身の備忘録的なブログです。

08<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>10

地域・国・王朝

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ペリクレス

【基本事項】

〔身分〕アテネの将軍・政治家。対ペルシアのためのデロス同盟のまとめ役。ペロポネソス戦争中にペストで死去。
〔生没〕BC495頃~BC429(享年66歳くらい?)


【エピソード】

★生まれつき頭が異常に長く、「玉ねぎ頭」とあだ名された(当時のギリシアのたまねぎは長かったため)。この頭を隠すためにペリクレスの像は兜をかぶった姿で作られた。
 人付き合いが嫌いで、家に閉じこもりがちだった理由もこのあたりにあるのかもしれない。

★尊大な態度でめったに笑わなかった。一生に一度も人前で笑わなかったという「伝説」もある。

★必要な戦争以外はできるだけ避け、アテネ市民を戦死させないことに心を砕いた。

★「両親ともアテネ市民の者のみ、アテネ市民として認める」という法律を作り、厳格に運用していた。しかし、後にミレトス出身のアスパシアという女性と結婚して子供を作り、その子供をアテネ市民にするために、この法律を廃止した。
スポンサーサイト

テミストクレス

【基本事項】

〔身分〕アテネの将軍・政治家。BC480年にサラミス海戦でアケメネス朝ペルシアの海軍に勝利。
〔生没〕BC528頃~BC462頃?(享年65歳)


【エピソード】

★ペルシアに勝利した後に、政敵によってアテネを追われ、逃亡の末にペルシアに亡命した。そして一年間でペルシア語をマスターし、ペルシア王アルタクセルクセス1世の片腕として活躍した。
 しかし、ペルシアとギリシアの間で戦闘が生じ、ペルシア王に協力を求められたとき、毒を飲んで自殺した。

ソロン

【基本事項】

〔身分〕アテネの詩人・政治家。「ギリシア七賢人」の一人。
BC594年に執政官となり、財産に応じて参政権を四段階に分ける改革をおこなった。
また、借金によって奴隷になる人々(債務奴隷)を救うために、借金を帳消しにする法律を制定した。
〔生没〕BC640頃~BC560頃(享年80歳くらい?)


【エピソード】

★借金を帳消しにする法律が制定されるという情報が、事前に一部の人に漏れた。そして法律制定前に借金をして土地を買いあさり、法律制定後に借金を帳消しにしてもらって大儲けした人もいた。

★僭主政治で有名なペイシストラトスとはもともと友人同士。

アレクサンドロス(3世、大王)

【基本事項】

〔身分〕マケドニア王・エジプトのファラオ・ペルシア王・アレクサンドロス帝国君主(同君連合)
〔存命〕BC356~BC323年(享年32歳)
〔在位〕マケドニア王:BC336~BC323(即位時20歳、在位12年)
    エジプトのファラオ:BC332~BC323(即位時24歳、在位8年)
    ペルシア王:BC328頃?~BC323


【エピソード】

★トランプのクラブのキングのモデルとされている。他の3枚のキングは、スペードがダビデ王、ハートがカール大帝、ダイヤがカエサル。

★父フィリッポス2世の家系は、ギリシア神話の英雄ヘラクレスの末裔を称した。
 母オリュンピアスの家系は、ギリシア神話の英雄アキレウスの末裔を称した。
 つまりアレクサンドロスはヘラクレスとアキレウスの二人の英雄を祖先に持つことになる。
 アレクサンドロス自身はアキレウスに憧れた。 

★左右で瞳の色が違った。片方はブラウン、もう片方はブルーだったと考えられる。

★少年の頃、王宮に連れてこられた暴れ馬を見事に乗りこなした。この馬を乗りこなせたのは彼だけであり、ブケパロス(ブーケファロス)と名付けられ、以後ずっと苦難を共にすることになる。

★アジア遠征前に神託所へ行き、休みだったにもかかわらず巫女に神託を聞くように強要した。巫女がいくら断っても神託を求めるので、巫女がうんざりして「あなたは負けない人ですね」と言うと、「その言葉を聞きたかった」と言って満足して帰っていった。

★コリントスで「樽に住む哲学者」ディオゲネスと出会ったとき、アレクサンドロスが「何か望みはあるか?」と尋ねると、「日光が遮られるので、そこをどいてほしい」とディオゲネスが答えた。
 まったく欲望が無く、ひょうひょうと生きるディゲネスを見て、「もし私がアレクサンドロスでなければ、ディオゲネスでありたい」とつぶやいた。

★アジア遠征でゴルディオン(現在のトルコの首都アンカラの近くの町)に立ち寄ったときの話。ゼウス神殿に、一台の戦車(馬が引く大昔の戦車)が飾られていた。この戦車を馬につなげる柄の部分にはロープが複雑に縛り付けられており、「この結び目を解くものはアジアの王者となる」と言われていた。
 アレクサンドロスは剣でこのロープを切り放ち、「運命は伝説によるものではなく、自らの力で切り開くものである」と宣言した。

★イッソスの戦い(BC333年)では、ペルシア王ダレイオス3世を破り、王妃と王の母を捕らえた。当時は、捕らえられた王妃は夜の相手をさせられたりすることも珍しくなかったが、アレクサンドロスは王族として丁重に扱った。そのことを知ったダレイオス3世は感動して「もし自分が王でなくなるとしたら、代わりにアレクサンドロスを王としてください」と神に祈った。

★逃亡中のダレイオス3世が部下のベッソスに殺されると、王にふさわしい盛大な葬儀を行なった。ベッソスがペルシア王を自称して抵抗すると、これを捕らえ、王殺しの罪で処刑した。

★性的には両刀遣い(男女ともにOK)だったが、男性をより好んだ。

★アニメ「宇宙戦艦ヤマト」に登場した星「イスカンダル」はアレクサンドロスのアラビア語の名前。

★『旧約聖書』のダニエル書8章に登場する、大きな1本の角を持つ雄ヤギはアレクサンドロスのことと解釈されている。その角が折れた後、小さな4本の角が生えると記されており、アレクサンドロス死後に帝国が4分割されることを予告したとされる。

★『クルアーン』の第18章(洞窟章)の83節から98節に登場する、「ズ・ル・カイナイン(二つの角を持つ王)」はアレクサンドロスのことと解釈されている。アッラーから力を与えられ、三つの遠征をした、徳の高い大王として記されている。

★伝説だが、透明のガラスの樽に入って、海中を探検したと言われている。もし本当だとすると史上初の「潜水艇」による海中探検かもしれない。

オストラキスモス(陶片追放)

【基本事項】

 アテネの政治家クレイステネスが始めた制度。有権者たちが陶器のかけらに、独裁者になりそうな人物の名前を書き、一定の票を得てしまうと十年間国外追放となった。


【エピソード】

★陶器のかけらを使ったのは、当時は現在のような紙が無く、エジプトからの輸入品のパピルスは高価だったため。アテネは陶器の大産地であったので、陶器のかけらは豊富にあった。

 | ホーム | 

ブログ内検索

世紀・年代

訪問者合計

現在の閲覧者数

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
3828位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
325位
アクセスランキングを見る>>

人気ブログランキング

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

プロフィール

wrekky(レッキー)

Author:wrekky(レッキー)
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。